増大サプリの広告は誇張し過ぎな表現など有りなのか?

男性のコンプレックスの中心は大きさということに間違いありません。日本人の平均的なサイズであるから別にコンプレックスを持つ必要はないと自分で納得させることが多いのですが、そのような納得を自分でしなければならないということ自体がコンプレックスがある証拠とも言えるかもしれません。

増大サプリを使ってみたいという欲求は今でもないことはありません。

しかし、インターネットなどで増大サプリの情報を調べてみると、よく出てくるのが増大サプリの極端な広告です。マカサプリも手がけているサントリーなど大手の健康食品メーカーもどこも参入していないし、かなり大げさに誇張された広告も目立ちます。

効果を宣伝したいという気持ちは分からないではありませんが、あまりにも効果が高いという広告では効果はともかくとしてそれほど効果の高いとなれば、逆に副作用などがかなり心配になってしまうことも事実です。

サプリメントでありますから、副作用はそれほど大きくないということは頭では分かりますが、やはり不安が増すことも確かなのです。